新着ニュース

「福祉車両を知ろう」 in 県立甲南高等養護学校

2012年2月13日 月曜日

去る2011年11月17日(木)、滋賀県立甲南高等養護学校にて、出前授業「福祉車両を知ろう」を行いました。
福祉車両はどういう人のためにあるのか、どんな機能があるのか、などを説明させていただき、生徒さんたちに実際に福祉車両に乗車してもらい、乗り心地を体験してもらいました。
今回福祉車両を初めて目にした生徒さんたちでしたが、介護される側、する側、両方の気持ちから作られた福祉車両の充実した機能と乗り心地に感心しておられました。特に介護される方の気持ちを知っていただくよい機会になったのではないかと思います。

今後も、車や福祉に興味を持っていただければと思います。

甲南高等養護学校さまよりいただきました感想文と、体験時の写真をご紹介させていただきます。

皆さん熱心に説明を聞いておられます

皆さん熱心に説明を聞いておられます

福祉車両の機能を実際に体験!

福祉車両の機能を実際に体験!

★生徒さんのご感想★

  • 福祉車輌に乗ってみて、普通の車と違うことが分かりました。福祉車輌の方が使い方が楽でした。色んな種類があっておもしろかったです。また、体験してみたいです。
  • 車の中がちがうことが分かった。しょうこうシートタイプの車に乗ってみて、いすがうごくことがわかった。足が不自由でもうんてんができることがわかった。
  • 福祉車両に乗ってみましたが、スロープタイプの方に乗ってみて、上にあがる時にジェットコースターのように進んだのでおもしろかったです。
  • スロープが、思っていたよりかくどがきつくて少しこわかったです。
  • そうさも簡単で、乗り心地も良かったです。タントの車では、今までにない初めての乗り心地でした。楽しかったです♪
  • 福祉車両の乗り方が分かった。福祉車両と普通の車の違いが分かった。お年寄り、けがをした方が、らくに車に乗れることが分かった。
  • 福祉車輌は、とても便利で、年をとられている方でもらくに操作出来るようになっていてびっくりしました。スロープタイプは、よく見るけど、昇降シートタイプは、初めて見ました。とても良い勉強になりました。そして、また、新しい言葉もおぼえられました。
  • 車いすが乗る車は何回も見たことはあったけど、あんなにそうさがかんたんな車だったとは思いませんでした。すごく楽しかったです。
  • 分かったことは、福祉車輌は色々なタイプがあることです。 福祉車輌を体験しました。昇降シート車から車いすにのりかえるときは、どうするのか不思議におもいました。
  • 体の不自由な人が楽に乗り降りできるのだなと思いました。操作は難しいのかなと思ったら、スイッチを2~3回押すだけで、操作ができたのですごいと感じました。ゆっくりとシートが動いている様子が面白いなと感じました。
  • 初めてスロープタイプの車に乗ってみて思ったことは体の不自由な人でも安心して乗り降りができるということです。体験してみて面白いなぁと思いました。そうさもかんたんでした。
  • スロープタイプは、力があんまりいらないことがわかった。昇降シートタイプは、シートの横のスイッチとリモコンで操作できるんだとわかった。昇降シートに乗ってみて少しだけこわかった。
  • 操作がかんたんで介助しやすい車だと思った。アクセルやブレーキの違いが分かった。
  • 生活の中で、手足の不自由な人や高齢者などたくさんいます。その人達は車いすがなければ、生活など苦しいし、生活がしづらいことが分かりました。
  • スロープタイプの福祉車輌を見ていて、体の不自由な人は安心して乗ることができて、その介助の方は車いすの人を楽らく乗せることができるというのがわかりました。また介助者の負担軽減にもなるということもわかりました。
  • 福祉車輌は体の不自由な人が乗ってどこでもいけるようになるので、楽だと思いました。
  • 足の不自由さがどれかの車にあてはまると思った。昇降シートタイプでは、段差が無くて便利だった。
  • 今日は小半さんに詳しく話を聞いたり、ビデオを見たりしました。体験もしました。スイッチを押す体験をしました。スイッチはふざけて(遊び半分)使うとけっこう危ないことに気づきました。
  • 今の時代は色々な車があることが分かった。また、介助用の車があって、電車やバスなどの公共交通機関以外の車でも、体の不自由な方が快適に乗れるものがあって、びっくりした。
  • 学校で初めて福祉車両を見ていろいろなことを学びました。この車があることで生活が楽になったり楽しみが増えたりする人がいるんだなと思いました。
  • 福祉車両はいろいろとべんりな部分(回転シートなど)が多く、おもしろかった。
  • 福祉車輌がすごいことが分かった。リモコンで操作するのがおもしろかった。
  • 福祉車両は、操作がカンタンでラクなので、本当に介護士の方や介護する方には、べんりやと思います。
  • 福祉車輌の仕組みを知りました。車いすをリモコンを使って、かるがると車の中に乗せられるのはすごいなと思いました。ほかにも色々な機のうがたくさんあってすごかったです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

★先生方のご感想

◆良かった点◆
実際に福祉車両に乗ったり操作できたことが、生徒たちにも印象に残りよかったと思います。
実際に体験してみる、映像を見ることでより学習が深まったと思います。講義と体験の間に休憩があったので生徒の集中も比較的つづきやすかったと思います。
体験が出来たこと。特に介護される人の立場の経験が出来た点。(配慮すべきことが分かるのではないかと思う。)
◆今後取り入れて欲しい内容◆
介護をしてもらう側となり実際にドライブして車イスに乗った状態を体験してみたい。
車イスからの移動も加えるといいかもしれません。
座るだけでなく、車が動いている時にどのように揺れを感じるかなども体験できれば嬉しいです。
普通の車との乗り比べをするとより便利さやなぜ必要なのか危険性からも理解しやすいかもしれません。
◆その他、お気づきの点等◆
子どもたち全員が興味深く、自主的に体験したい思いで取り組んでいたように感じました。
自動車に興味を持つ生徒はたくさんいますので、今回の講義と体験を、とても楽しみにしていました。福祉にも感心を持ちやすくよい機会であったと感じました。ありがとうございました。
わかりやすい説明に、楽しい講義をありがとうございました。普段あまり目にする機会の少ない福祉車両を見て体験でき、私たちも含め、生徒たちもとても喜んでいました。

~たくさんのご感想をいただきありがとうございます!~