新着ニュース

滋賀ダイハツ販売株式会社 株主総会

2017年5月27日 土曜日

平成29年5月26日

 弊社、第63期株主総会が開催され、決算の承認と取締役7名の再任が可決されました。

 今期の概況として我が国の経済は、雇用情勢の安定・円安傾向などを背景に企業業績は概ね好調の中、政府の各種経済・財政政策の効果も相まって緩やかな回復基調で推移しました。軽自動車市場は、他社の燃費不正問題などもあり前期を下回る結果になりました。ダイハツグループは、昨年4月に スマートアシストⅡを搭載した小型車「ブーン」を発売し、9月には ダイハツ初となるパノラマモニターを搭載した「ムーヴキャンバス」を新発売しました。また11月には 軽自動車のノウハウを生かした小型車「トール」を新発売し、軽自動車販売のシェア率は昨年より1%アップし33.3%となりました。

 滋賀県軽自動車市場は、届出台数が前年比95.9%と前年に続いて需要が落ち込みました。弊社も前年よりマイナスになりましたが、シェア率は1.6%アップし41.4%のプラスとなりました。

 これらを踏まえて、株主様から多くの意見をいただきました。その中の一つで、「目標数字を決めたら、社長をはじめ、取締役もそこに向かって頑張らないといけない。売上が横ばいになったら、経費を見直すなど努力が必要である」と助言をいただき、我々は鼓舞激励されました。

 今後も弊社は、CS(お客様満足度)向上活動を重点事項として、お客様に快適な商品を提案し 魅力ある展示場づくり等を通じて、感動を与えられる活動を推進してまいります。